技術情報:真空注型

  • 光造形
  • 粉末造形
  • 切削加工
  • 真空注型

真空注型とは

真空注型とは、原型となるマスターサンプルをベースに簡易型(シリコンゴム型)を製作し、樹脂部品の複製品を成型加工する製作手法です。特徴としては、切削部品の複数個製作や簡易金型製作と比べコストをかけずに複数個の製作する事が出来、最大のメリットとしては短納期可能となります。具体的な製作方法としては、光造形品・切削加工部品にて原型となるマスターモデルを 製作し、そのマスターモデルを基にシリコン材にて樹脂型を製作します。製作された シリコン樹脂型に二液性硬化樹脂(ウレタン樹脂エポキシ樹脂)を注入し硬化後、型から 脱型しそれが複製品となります。数量が必要の場合はこの繰り返しで複製品を製作していきます。

注型の特徴

  • 製作数が数個から20個以内であれば、切削部品の複数個製作と比べ安価に製作が可能です。
    又、イニシャルに費用がかかる簡易インジェクション及び金型・量産金型に比べ、シリコンゴムによる簡易型の製作手法により、大幅な費用削減が出来ます。
  • シリコンの製作は短時間で可能な事から、複数個の試作品を製作する場合はトータル日程の短縮が可能となります。
    ※単純形状の場合は切削加工の方がメリットがある場合もあります。
  • 真空注型品は二液性硬化樹脂ではありますが、熱可塑性樹脂のABS、PP、アクリルに近い物性の真空注型材料のABSライク・PPライク・アクリルライクから選択していただくことも可能です。

真空注型の用途

デザイン

  • 意匠・形状の確認用試作モデル
  • プレゼンテーション用評価モデル
  • ライティング確認用モデル
  • 可視化評価用試作モデル

3Dデータのみでは確認できない立体的な意匠確認や感触やグリップ感等を検討したい場合などに活用されるほか、透明部品も製作可能な事からレンズ関係の配光確認用としても活用されています。

製品開発・製品設計

  • 機能確認用試作モデル
  • 性能評価用試作モデル
  • 実装評価用試作モデル
  • 可視化評価用試作モデル

工業製品開発において、エンジニアリング試作サンプルとして多く活用されています。量産品と同等の材料で加工できるため、機能評価に最適です。複数必要な機能評価に適しています。

生産技術・製造技術

  • 型製作前の検討用モデル
  • 生産工程の検証用モデル
  • 生産用冶具(塗装冶具)

量産品の完成前に、組立検討確認を事前に行うサンプルとして活用され、開発日程の短縮につながります。
複数個必要な検討に最適です。

製作のプロセス

PROCESS1

マスターモデルを製作します。

PROCESS2

マスターモデルの大きさに合わせ型枠を組みたてます。

PROCESS3

真空槽でシリコンを流し込みます。

PROCESS4

減圧・脱泡後、所定時間温度管理された恒温槽で硬化させます。

PROCESS5

硬化後、シリコン型よりマスターを取り出します。

PROCESS6

シリコン型に製品材料(ウレタンなど)を流し込みます。

PROCESS7

硬化後、シリコン型より製品を取り出します。

PROCESS8

製品をゲートカットして仕上げて完成です。

寸法精度について

ARRK ONLINE SERVICEの寸法精度は下記にて製作します。

データー寸法に対して±0.2%

  • ただし、形状により、要求された寸法や公差保証できない場合がございます。事前にスタッフより連絡させていただきます。

製作可能サイズ

ARRK ONLINE SERVICEの製作可能サイズは、以下のサイズとなります。

製作サイズ 参考製品:65インチサイズパネルTV(縦方向810mm×横方向1490mm×厚さ45mm)~小物部品

小物~大物サイズまえの制作対応可能です。
大物に関してX方向(横)・Y方向(縦)・Z方向(高さ)の形状により対応可能サイズも変わりますので、詳細はスタッフまでお問い合わせください。

二次加工

インサート対応(後入れ)は可能です。
以下リストよりご希望サイズをご指示ください。

ネジサイズ 部番
M1.7×0.35 4.00 SB-173040
M2.0×0.4 3.00 SB-203030
4.00 SB-203040
6.00 SB-203060
M2.6×0.45 3.00 SB-264030
4.00 SB-264040
M3.0×0.5 3.00 SB-304530
4.00 SB-304540
5.00 SB-304550
M4.0×0.7 4.00 SB-405540
5.00 SB-405550
6.00 SB-405560
7.00 SB-4002
8.00 SB-405580
M5.0×0.8 5.50 SB-506555
6.80 SB-5004
8.00 SB-5002
M6.0×1 6.00 SB-6003
9.00 SB-6002
M5.0×0.8 13.00 SB-8002

材料について

ARRK ONLINE SERVICEは下記の材料を取り扱います。各材料の外観面粗さレベルは写真を参考にしてください。マスターは通常光造形ですが、形状などにより切削で対応する場合もございます。

①ABSライクサンプル(白色)
②ABSライクサンプル(黒色)
③ABSライクサンプル(グレー色)
No. 1
材料名 ABSライク(ウレタン)
特徴 ABSの代用として多く使われます。
色種類 1. 白色
2. 黒色
3. グレー色
マスターモデル 光造形 ※1
1型の最大数量 20個 ※2
  1. ※1場合によっては切削加工もあります。
  2. ※21型で製作可能な最大数量です。

①PPライクサンプル(白色)
②PPライクサンプル(黒色)
③PPライクサンプル(グレー)
No. 2
材料名 PPライク(ウレタン)
特徴 PPの代用として多く使われます。
色種類 1. 白色
2. 黒色
マスターモデル 光造形 ※1
1型の最大数量 20個 ※2
  1. ※1場合によっては切削加工もあります。
  2. ※21型で製作可能な最大数量です。

透明ABSライクサンプル(透明)
No. 3
材料名 透明ABSライク(ウレタン)
特徴 部品を透明にして中身が見たいもので靱性が必要な製品に使われます。透明度はアクリルライクより劣ります。
色種類 無色透明
マスターモデル 光造形 ※1
1型の最大数量 20個 ※2
  1. ※1場合によっては切削加工もあります。
  2. ※21型で製作可能な最大数量です。

アクリルライクサンプル
No. 4
材料名 アクリルライク(エポキシ)
特徴 アクリル材の製品に多く使われます。
注型の透明材の中で最も透明度が高い。ただし割れやすい。
色種類 無色透明
マスターモデル 光造形 ※1
1型の最大数量 7個 ※2
  1. ※1場合によっては切削加工もあります。
  2. ※21型で製作可能な最大数量です。

注型材料物性表

※1.表内の値は代表値であり、保証値ではありません。

材料名 材料分類 樹脂
グレード
特徴 物性(代表値 ※1)
比重 引張強さ 曲げ強さ 曲げ弾性率 破断伸び 衝撃強さ
(ノッチ付)
硬度 荷重たわみ温度 収縮率
条件 条件
(MPa)
条件
(MPa)
条件
(MPa)
条件
(%)
条件
(kJ/m2)
条件 条件
(℃)
条件
(%)
ABS
ライク
ウレタン ABS
ライク
高耐熱性
強靭性。


グレー
JIS K-7112
25℃
1.22 JIS K-7113 54 JIS K-7171 87 JIS K-7171 1900 - 15 JIS K-7110 13 ASTM D-2240
25℃
ショアD
81 JIS K-7191
荷重 1.8MPa
100 t=4 0.3
PPライク ウレタン PP
ライク
高弾性タイプ。

グレー
- 1.15~
1.20
- 48 - 56 - 1300 - 50 - 13~
14
ショアD 75~
80
- 90 - 0.3
透明ABSライク ウレタン 透明
ABS
ライク
透明ABS代替品。 透明 - 1.12~
1.14
- 64~
74
- 74~
78
- 1960~
2160
- 12~
13
- 10~
12
ショアD 80~
82
熱変形温度
ヒートサグ
91 シリコン型 0.3
アクリルライク エポキシ アクリル
ライク
透明性に優れる。
耐熱性が良好。
透明 - - JIS K-7113 78.5 JIS K-7171 127 JIS K-7171 2800 JIS K-7113 3.8 JIS K-7110
Izot V
5.5 ASTM D-2240
25℃
ショアD
84 JIS K-7207
荷重 1.8MPa
110 t=4
メーカー規格
0.23

フリーダイヤル 0120-600-029 【受付時間】月~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)午前9:00~午後5:30

見積依頼(ログインはこちら)

技術情報は下記よりダウンロードすることも可能です。

情報ライブラリー

ご不明点等ございましたら、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせの前に確認

よくあるご質問

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ